忍者ブログ
喫茶アルトを更新するたびに作者が何かを書いてる日記です。
[383] [382] [381] [380] [379] [378]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いやぁ~正直、今まで、ずっと、短編連作で前後のつながりの希薄な話ばっかり書いてて、ここまで長いお話を書ききるのはちょっと大変でした。
書いてる間は『書いても書いても予定の所まで進まねー』って思いながら書いてましたが、凄く楽しかったです。
良かったら、ゆっくりお読み下さい。

さて、ここから先はネタバレを含みます。
出来る限り、先に本編を読み終えてから、お読み下さい。

って訳で、本格的後書き……ってか、うすらぼんやりと書いてる間に思った事とか、いろんな事を書いてみたいと思います。
『鬼姫の章』は完全に『餓鬼王の章』の尻ぬぐいですw
正直、使い捨てにするつもりだったモブキャラ『史絵』と『あゆ』の二人が惜しくなって、この二人をどうにかするために作ったお話が『鬼姫の章』です。
ホントさ、正直、あゆの『毒親から逃げてきた』とか史絵の『遠恋の彼氏がいると嘘を吐いてる』ってのは、なんで、そう言う設定にしたか、自分でも解ってないんですよ。
たんに『風俗でバイトしてる』だけとか『厳と学籍番号が前後してて、ちょっと話をしてた』でも良かったはずなんですけど、なんで、こうなっちゃったんだよねぇ……
あの二人、主張が強いんだよ。なんかもう、正直、今回のお話はあの二人が暴れ出すのを一生懸命手綱を引いて、いくつか見えてるゴールらしき物に向けて走らせるのに必死って感じでした。
普段は、「まあ、お前ら、この辺から適当にどっか行ってよ。ぼちぼち、付いていくから」って感じで話を作ってんですが、今回は「おまっ、そっちはヤバい!そっちに行った収集付かないって!!せめて、こっち!!こっちに行って下さい!!」って感じにお話を作ってました。
厳があゆと史絵を前鬼後鬼のように従えて、怪奇現象に挑む!とか言う展開も一瞬考えたり、考えてなかったり……それやったら、愛があまりにも不憫なのでやめましたがw
んで、結局この形です……
なんでかこーなったと言えば、飯塚正君の『アナニーとチクニー大好き』設定もどうしてわいてきたのか……非常に不思議です。
とりあえず、あゆと史絵はまた帰ってきます。お盆とか……今年、新盆だし。
次に短辺一本書いて、長辺一本書いて、その次の短編当たりかなぁ……?
短辺のネタはうすらぼんやりと考えてますが、長辺は全く考えてません。
第三章は気長にお待ちいただけると……嬉しいなぁ~

あっ、後、作中で明かせなかった「厳君」の意味ですが「厳しいお父さん」「(他人の)父親への尊称」です。なので、厳は「厳君」呼ばわりを嫌います。

と、言うわけで、今回はここまででです。最後までお付き合い、ありがとうございます。
次回更新をお楽しみに~
PR

Rg

RgtH[
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
コメント
パスワード


Copyright (C) 2005-2006 SAMURAI-FACTORY ALL RIGHTS RESERVED.
忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ツイッター
最新コメント
(08/10)
(10/17)
(05/12)
(05/12)
(09/25)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
あきら
HP:
性別:
男性
趣味:
駄文書き
自己紹介:
オリジナルファンタジー小説「ランチはサンドイッチ、サラダ、コーヒー、そして妖精」と「特売幽霊」をHP上で発表している暇人。
暇に飽かしてしょっちゅう更新している管理人が、更新のたびになんか書き込んでるだけのページ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析